第136回

こんにちはジュエリーニシオカのにしおかまさるです。

 

日々、田中貴金属からAM9:30 純金1gの価格が公表されます。

田中貴金属から公表される価格はいったいどのようにして決まるのでしょうか?

 

この公表価格で一日の金相場の買取価格が決まります。

どなたさまにも分かりやすく簡単に書いてみたいと思います。

 

ご自分のお手持ちの金が今いかほどの評価価値があるかご自分である程度知る事が出来ます。

 

 

(例)2019年8月10日現在 1g¥5,399-(田中貴金属公表価格)

 

金1トロイオンス(31.1035g)が基準

金NY終値(1トロイオンス/ドル)1.508.50ドル

NYドル終値(105.66ドル)

 

1.508.50÷31.1035×105.66=5,124(単純1g金価格)

 

¥5,124に手数料など(¥275)加え¥5,399-が8月10日の価格であります。

 

この¥5,399-を基準に

 

K18金は金含有量は75%であり¥5,399×0.75=¥4,049

¥4,049では業者は利益がでず、この金額では買取はできません

 

当ブログ6月2日第122回でも記載いたしましたブログ中ほどに

K18高額買取とは

 

 

¥5,399×0.7=¥3,799-以上をもって良心的な買取価格と思われます。

 

しかし全ての店舗で¥3,799-で買取出来るわけでは有りません。

 

諸経費などを引いた金額、利益を考慮し買取額を決め店舗維持出来るのでありこれは各お店の買取価格であります

 

しかし、お客さまを欺いた買取だけは止めていただきたい。

 

 

一般的には

金の購入には円高が金を安く購入する事が出来ます。

金の売却には円安が金を高く売却する事が出来ます。

 

しかし為替相場だけでは金の売買価格は決まりません

 

そこには今の世界情勢が絡んできます

 

貿易摩擦・国際情勢(戦争)大きな原因で金相場は為替の円高に関係なく値上げいたします。

 

さいごまでおよみいただきましてありがとうございました。

にしおかまさる