ダイヤモンド4C


4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する基準4つの要素で、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。ダイヤモンドの価値は、この4Cで決まります。

Carat カラット

宝石の重さを表す単位で、1ctは0.2gです。
大きいダイヤモンドは採取量も少なく希少価値も有りますが、
しかしキズや インクルージョン(内包物)、カラー、カットの程度により、カラットの小さいダイヤモンドのほうが、大きい物よりも価格が上回ることもあります。

Color カラー

ダイヤモンドのカラーグレイドの上位は無色透明に近いDカラーを最高の評価とし黄色味が強くなるZカラーまでの23段階で評価されます。

Clarity クラリティ

透明度(クラリティ)は、10倍に拡大検査しインクルージョン(内包物)の有無により、FL(フローレス)を最高評価として最下位のI3まで11段階で評価いたします。

Cut カット

ダイヤモンドの一番の魅力はその輝きです。ダイヤモンドの理想のカット(プロポーション)を基に総合評価いたします。
3Excellent(トリプルエクセレント)・Excellent(エクセレント)・very good(ベリーグッド)・good(グッド)・Fair(フェアー)・Poor(プアー)今は六段階で評価いたします。

ダイヤモンドの隠れた評価  *光輝(てり)

4Cでは記載されない光輝(てり)が査定には大きく左右されます。


1)鑑定書に記載されております(蛍光性の強弱・LDHの痕跡・1ct直径 6.3mm以下・0.5ct 直径5mm以下)
2)鑑定書に記載されていない(照り・欠けダイヤ・カーボンの有無)
(上記のような1,2のダイヤモンドは、5%~50%減額査定対象)