思いやりの心-1

第181回

こんにちはジュエリーニシオカのにしおかまさるです。

【思いやりのこころ】この言葉だけでなく、「心」自体失っている人もおられるかもしれません。

 

”思いやり”

家族への思いやり・同僚への思いやり・友達への思いやり・被災された方への思いやり・(遊園地・レストラン・電車での思いやり)海外の物資のない子供への思いやり、

思いやりの心はたくさんあり

同僚、友達への不満は一見簡単に解決しそうですが、こじれますと修復に時間もかかります。

 

それは、憎しみが募るからです。

憎しみの多くは嫉妬が原因で男の嫉妬ほど、強く醜いものはありません。

 

夫婦は夫への不満が多く、家事は一切手伝ってくれない、亭主関白は時代錯誤。

 

お金は俺が稼ぎ、俺が食べさせているという考えの持ち主が結構おります。

だれが、朝ご飯の支度、洗濯、掃除、買い物、子供の世話、お風呂掃除、夕飯の支度、

世の旦那方、自分の奥さんと一度仕事の交換したらいかがでしょうか?

 

何ですか❕

妻には俺の仕事できない!

では、あなたは奥さんの仕事できますか?

 

奥さんが、あなたにつくして・・・当然ですか?

ありがとう、たったひと言で円満になるのです。

奥さんに照れなくてもいいのです。

 

夫婦の立場全て逆に考えてみるのです。

 

素直にありがとう、それすらいえない人もおります。

器の小さい方ですネ。

旦那のありがとうで家庭は明るく周りも明るくなります。

 

2011,3,11東北大地震を思いだして下さい!

あの地震で全てを失っても頑張っている人がたくさんおられます。

 

それを考えますと夫婦喧嘩は止めて、結婚した当初を思いだし感謝の心が思いやりの心に必ず変わります。

 

感謝の心・思いやりの心が同時に発生いたします。

世の夫婦喧嘩の大半は夫が原因です。

 

夫婦喧嘩ほど醜いものはありません。

小さな”思いやり”からいくらでも夫婦は仲良くなり家庭が明るくなることをお忘れなく。

 

灯の明るさから、太陽のように明るくもなります。

 

さいごまでおよみいただきましてありがとうございました。

にしおかまさる

 

 

 

 

前の記事

万物に感謝

次の記事

思いやりの心‐2