思いやりの心‐2

第182回

こんにちはジュエリーニシオカのにしおかまさるです。

思いやりとは、わたし流の考え方ですが、他人を思って優しい心遣いの出来る人。

ただし、思いやりと思っても、逆に迷惑と思われることもあります。

 

思いやりのある方はだれからも好かれ、人徳という方もおります。

 

思いやりの無い方は

常に自己中心的な物の考え方しかできず、自分さえ良ければすべてよし的な考えです。

*他の方の話には興味が持てないのでおおよそ話は聞いていない。

*人には厳しく(特に家族)自分には甘い

*感情的になることがしばしば見られる。

*プライドは高い。

 

思いやりのない方、その性格を直すには

(常に相手の立場になって考える)(感謝のこころ)(謙虚であれ)

我儘と自己中は紙一重とも言います。

 

思いやりを持つことで、思考が変わります。思考から言葉も変わります

色々と人生観も変わってきます。

 

自分が心の優しい持ち主なら、自分の周りにはいつも心の優しい人が集まっております。

 

わたしも含め、真逆にならないように気を付けましょう

 

(181回で)2011.3.11を思いだしてと書きました。

『東北大地震』わたしの住む龍ヶ崎市でも震度7弱で、TV中継を見ていますと乗用車が津波の押し寄せる方角に進むのを見るとその道はダメと知らず知らず叫んでおりました。

 

この映像を見て、わたしは以前読んだ本の一部に、自分が立ったまま地面見て、下を行く蟻を見てごらん。

そちらに行くとぶつかるのが分かります。

神様は私たちを、上から見ておりますので危険と分かります、しかし私たちには見えません。

ついそのことを思いだしました。

 

東北大震災で、世界中からの義援金・ボランティア活動の方がたくさん東北に駆け付けました。

どれだけの方が救われたでしょうか!

 

家族、友達、家、全て失っても東北の方は頑張りました。

 

わたしたち日本人は、世界中多くの方から励まされ、多くの方からの思いやりに感謝を忘れてはなりません。

 

 

芸能人の方がボランティア活動を行うと、売名行為などといい、自分はいったい何をしたの、被災者の方はどれだけ励まされたことでしょうか。

 

素晴らしいです、ありがとう!

人は一人では生きてはいけません。

 

さいごまでおよみいただきましてありがとうございました。

にしおかまさる

 

 

 

前の記事

思いやりの心-1

次の記事

拉致被害者