第186回

こんにちはジュエリーニシオカのにしおかまさるです。

 

わたしには、感謝と思いやりはとても近い言葉と思います。

 

(いただきます)毎日ご飯を頂くとき、食物、生産者、全てに感謝のこころ

(ごちそうさまでした)感謝のこころ

(お茶を入れてもらって)ありがとうのこころ

 

この言葉は全て感謝のこころからであり、わたしは必ずおいしかったと言います。

 

最近はこの言葉に類似される言葉も自然に発し

意識しないで使えるようになり

娘に、そんな言葉知っていたんだと言われることもありました。

 

娘夫婦と孫2人、私たち夫婦2人で6人での生活。

今は、ほとんど夕食は娘が作り全員でいただき、朝食は私たち夫婦2人でとります。

 

にぎやかで、私と孫娘が一番しゃべり、黙って食事などはありません。

 

 

 

以前『森羅万象、天地万象』って述べてみました。

 

森羅万象(宇宙にある全ての現象)

天地万象(この世にある全てのもの)

 

昭和天皇は

『雑草という草はない。どんな植物でも、みな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる』

 

このお言葉は、陛下が留守の間に庭の雑草を刈った侍従に対してのお言葉であります。

 

雑草という草はなくみな名前がある

 

このお言葉は(森羅万象、天地万象)の全てのもの

すなわち、全てが必要な物であり無駄な物はないという

生きとして生けるもの、あらゆるものに感謝をするという事です。

 

 

感謝とは見返りを求めません

(感謝致します、ありがとう)見返りを求めず発する言葉です。

 

思いやりに、以外と見返りを求める方もおり

本来思いやりとは相手への気遣いであり(見返り)は求めないのですが、以外と心の中では求めてしまいます。

 

思いやりの言葉は時には嫌味にもとれますので充分お気をつけ下さい。

 

さいごまでおよみいただきましてありがとうございました。

 

にしおかまさる