自然に徳は積めます

Last Updated on 2021年4月13日

第362回

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

 

かなり前ですが、徳ってどうしたら積めるか聞いたことがあり、ご先祖さまにお経を上げること供養にもなり徳も積んでいると簡単にお聞きいたしました。

 

決して、無理することなく自然の形で徳は積むことが出来ると信じております。

人として生まれてきたからには、幸せになる権利は絶対あるのですから必ず幸せになれます。

前世の因果を消すこともあります、その為には善い行いと慈悲の心を育てること、それには「自分が幸せでありたい」このことを理解する事です。

 

(臨済宗)慈悲の心の教え(こちら)

「自分の幸せ」「親しい人の幸せ」「自分が親しくない人の幸せ」『自分を嫌う人の幸せ」[生きとして生けるもの全ての幸せ」

これらの幸せを願うこと、慈悲の心は何もせずには育ちません。

 

「慈悲の心」がなければもはや仏教ではないと言ってよいとまで言っておられます。

 

慈悲の心を持つ、それは常に「生きとして生けるものが幸せであること」

あまり意識をすることなく自然に善いこと行うことで徳は積んでいけます。

 

出来たら朝夕のご神仏さまへの感謝の言葉

(朝)今日も生かされております、ありがとうございます。

(夜)今日も平穏無事生かされ、ありがとうございました。

この言葉は一見簡単なようですが、言葉の意味は大変大きく、私たちは毎日「朝目覚めて当たり前」「夜眠れて当たり前」とお思いでしょうが以前お話したと思いますが、絶対に人間として生まれたことに感謝しなければいけません。

 

生前の行い、輪廻転生で何に生まれ変わるのかは神さまだけしか知らないと思ってください。

(六道)(こちら)

人として生まれたことに感謝しなければいけません。

当然今日の命に感謝致します。

 

朝布団の中でもいいのです「生かされております、ありがとうございます」「今日も一日平穏無事生かされました、ありがとうございます」

 

この言葉(言霊)が自然と徳を積むように導いてくださいます。

もちろん自分の心が変わって行かなければなりません。

 

意識した、徳の積みかた(見返りを求めて徳が積めることことはありませんいつも感謝の言葉があれば自然と徳は積んでいけるものです。

ご仏壇に手を合わせる、お墓参りも徳が積めると言います。

 

 

幸せが無い人などはこの世には一人もおりません。

 

朝起きた時点で生かされていることがが幸せ、朝ご飯いただけること、今は春の新芽がそこら中に有り、仕事に行けること、家族もあります、今は少し違うかも知れませんが友達に会い話すこと、仕事を終え自宅に無事帰ったこと、夕食、お風呂、全ての日常生活が当たり前のようですがこれらに感謝することであなたは幸せなのです。

 

毎日の当たり前の出来事が実は最高の幸せであることを今一度認識して下さい。

 

病気になった時も感謝する、森羅万象にも、全ての出来事に感謝をすることであなたは今よりもっと豊かで幸せな心になります。

 

ご神仏さまはあなたの「行い・考え・慈しむ心」に誠意を感応されまことの幸せをくださいます。

 

大切なことはいつも感謝の心でありがとうございます、これさえ忘れないで日々を送ることで今迄と違った世界が見えてきます。

 

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます。

生きとして生けるものが幸せでありますように

 

最新のランデイングページが出来ました(こちらから)

 

ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら