お釈迦様-7

Last Updated on 2021年4月13日

第267回

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

 

ご神仏さまからの教えで、「心のあり方」「本当の心」当たり前のことを学びました。

素直な自分でいるためには

自分の運命に逆らったり、背伸びをしたり、自分を大きく見せようとせず、自分を偽ったりせず素直でいようと。

 

心が変わったかどうかは自分では見えません、そこで心が変わりゆくために「所作を見直す」ことを書物で知り、所作には人の内面が鏡のように映し出されるとありました。

 

所作により立ち振る舞い方を充分気をつけて生活をすることで、ある程度「我が心」を知ることができるのではないかと気をつけております。

 

「言葉」言葉のつかいようでその普段の行動が見えます

「行動」その人の普段の行いが見えます

「態度」言葉、行動、人との関係に影響を与え、人生の結果を作ります。

 

「言葉、行動、態度」この三点でその人の心のあり方が分かると言いますので日頃から、気配りを心がけ「慈しみの心」を一瞬でも思い出すと、自分の幸せ、生きとし生けるものすべてのものが幸せでありますように、この中には 私を嫌っている人の幸せ、私が嫌う人の幸せも全て祈ります。

 

お釈迦さまは「慈悲の瞑想」を弟子に教えます。

私も前回お話し致したように「慈しみの瞑想」(こちら)

入浴後にいたします「無の瞑想」「慈しみの瞑想」

 

「無の瞑想」形も気にせず座布団を折り曲げそのうえで胡坐をかき、足は座布団から出ております。

時間にも縛られず、今日一日の出来事は全て忘れ、頭を安ませるだけ、余計なことを考えない「コツは」自分の息に合わせる、又は「アー」という言葉を吐きまた息を吸い「アー」を繰り返しますと意外と無の状態になることができます。

瞑想は瞑想にふさわしい音を聞いてやるといいと言います、しかし全くそのようなことは一切気にせずやりたいようにすることが長く続けるコツかと思います。

 

ストレス解消と思って行い、何の効果もなく面倒と思えば止めることです。

逆にストレスになります。

 

 

以前ブログで悩み苦しみは執着心を捨ててごらん、と書いております。

これは実に効果抜群であります。

お釈迦さまも話されておりますように、執着心が自分を「悩み、苦しみ」続けるものはなく、それを捨てることで「悩み、苦しみ」が消えるかとお思いでしょうが、私は捨ててからすごく樂になりました。

 

3~4日くらいで執着心は消えました。

 

何度も言います悩み苦しみは誰もが持っており、自分だけが苦しいのではないということを是非知って頂き、物へのこだわり執着心を捨てて見てください。

 

余談になりますが

子供の頃からお寺は怖いものと、霊が出ると信じており近所での葬式があると夜中出てこないかと心配でした。

 

神さまは、子供の頃から近くの神社で良く遊びましたので身近に感じており、お寺よりは正直好きでした。

15年前に仏閣、仏像に興味を持ってから変わり、仏さまの姿をみる度心はときめき興奮いたします。

 

ご神仏さまは数千年経った今、どれだけの方をお救いしておられるのでしょうか。

前世で手を合わせているかも知れません。

仏さまは見る人の心により優しくも怖くも見えます。

 

お釈迦さまありがとうございます。

生きとして生けるものすべてが幸せでありますように

 

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます。

最新のランデイングページが出来ました(こちらから)

 

ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

 

#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行, #茨城県ブランド時計オークション代行, #茨城県宝石売却代行, #龍ケ崎市金プラチナ買取,

 

 

前の記事

お釈迦様-6(死後の世界)

次の記事

阿弥陀如来-1