阿弥陀如来-1

Last Updated on 2021年4月13日

第268回

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

今は春のお彼岸。(こちら)

 

お釈迦さまを書いて本当によかったと思います。

仏教の教え、たくさんのことを教えていただきました。

 

お釈迦さまと阿弥陀如来さま縁があったんですね。

阿弥陀如来さまもお釈迦さまと同じ全く書こうと思いもせず、お釈迦さまを書いているうちに阿弥陀如来さまに通ずると考え書いて見ようと思いました。

 

我が家は浄土真宗(阿弥陀如来様)であり、その浄土真宗を学ばさせていたけだけるこれ全てご縁です。

 

ご先祖さまをお守りして思うことは、子孫の誰かがご先祖さまをお守りしなければたまたまそれが自分であったということで、父の兄弟は全員無くなり逆にお会いしたことが無い従兄がたくさんおり私は勝手にご先祖さまをお預り出来て感謝しております。

 

最近知ったのですが、誰もご先祖様までは供養することなく自分の両親だけで一杯のようで、ご先祖さまは父だけでなく祖父母、曽祖父母また幼くしてなくなった父の兄弟3人にぎやかです。

月半ばを過ぎますと沢山の月命日の方がおり、写経したりご先祖さまとの会話いつも感謝です。

 

供養していつも思うことは、仏様は必ず聞いておられます。

父の父母は幼い子供を何人も残して亡くなり、心残りであったのではと思い、いつも月命日には祖父母に声を掛けます。

 

じいちゃん、ばあちゃん辛く悲しかったでしょうね、何人もの子供を残して亡くなることは良く分かるよ、しかし今子供はみんなそちらだからなにも心配することなく自分の行くべき道を歩んでください。

何も心配することなく自分の道を歩み魂を浄化して下さいと祈ります。

毎日般若心経を唱え、写経も出来るだけ行い供養できることの幸せ、何故なら毎日元気に先祖供養できることは健康を先祖さまに頂いているからです。

 

祈りとは

感謝と、願い事が重なり初めて祈りとなります。

 

毎日「阿弥陀如来」様と、三世の仏さま、金峯山寺「蔵王金剛大権現」様には三世の仏さま(こちら)

三世とは、「過去、現在、未来」を指し自分たちの過去の過ち、現在の過ち、過去の過ちによる未来を払っていただきます。(こちら)

 

 蔵王権現様には、過去「釈迦如来」現在「千手観音」未来「弥勒菩薩」様がおられ、他にも仙台「慈眼寺」に鎮座される金剛蔵王大権現様にも三世の仏さまが蔵王権現様におられます。

「過去、現在、未来」を(三世)と言い、この全てを私たちは持っております。

 

生まれて今日までの過ち、前世においての「因」「果」があり、これらを消すため人は努力致します。

 

亡くなった方には此方から供養してあげることで、一つ一つその人の因果を消すことができると言われます。

自分が徳を積みその徳をご先祖さまにお返しすることで、自分たちもご先祖さまの徳を頂いていたのでお返しすると言っても良いかも。(こちら)

 

今日3月20日は宇宙の元旦であり、昨夜から今日にかけ一年分の(エネルギー)が凝縮されているそうです。

宇宙の元旦、初めて今年知りました。

 

生きとして生けるものすべてが幸せでありますように

 

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます。

最新のランデイングページが出来ました(こちらから)

 

ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

 

 

#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行, #茨城県ブランド時計オークション代行, #茨城県宝石売却代行, #龍ケ崎市金プラチナ買取,

前の記事

お釈迦様-7

次の記事

阿弥陀如来-2