戦争と言う名の下で人を殺める

Last Updated on 2022年7月5日

第443回

いつもお読みただきましてありがとうございます。

 

6月も終盤になりますと昨年7月に母が亡くなりまもなく一回忌もまじかです。

97歳で亡くなり、母の姉妹は「100歳を頭に・末は77歳」今は5人姉妹です。

 

母の思い出を妹と話しますが、最後はいつも決まって「きっと怒ってるだろうね」

97歳、とてもしっかりしておりました。

「怒りの原因はコロナ禍で施設は面会できませんでした」

 

寿命が迫る時にはどのような亡くなり方でも、自分に分かるようです。

必ず、何らかのお知らせが、今迄にない行動、自分の身に知らせてくださるようです。

 

人の寿命、もし私が70年と決まっていても必ずしもそうではないようです。

 

人により寿命延長もあるようです。

 

私は仏壇の前でよく仏さまとお話をするのが好きで(もちろん一方通行)

例えば歎異抄の内容(弥陀の誓願)(こちら)について疑問なところを阿弥陀仏に問いかけます。

 

つい先日仏壇で、人は何故戦争など起こすのか「阿弥陀仏、釈迦」に問いかけを「過去に何度もあります」

 

「戦争、喧嘩」は、

世界の心理の知らない愚かな人間のすること。(ここは私の勝手な理解)

戦争でどれだけの犠牲者が、高齢者から生後間もない赤子まで。

 

戦前のウクライナをTVや写真で見る限りとても、のどかで美しく緑の豊かな国であり、森羅万象のうちにある生きとし生けるものすべてを武器をもって壊して(殺めて)しまいました。

 

温暖化で地球が変わりつつある中、一番愚かな戦争をしてしまいました。

 

いかなる理由があってもしてはいけない一線というものがあり「核を持っ」ことで脅しをかける。

 

愚か考えです

 

人間には[智慧(知恵)]があり

知恵者が集まっても、何故 本気で智慧と知恵」出し合わないのですか?

知恵を出しても損得ばかりのソロバン勘定。

智慧を出して下さい。

 

自国を愛する気持ち良く分かります。

分たちの国の利益になるような会合しかできないような会議は見ていても腹立たしく、多くの人を戦争と言う名の下で殺め、大切な人生を奪ってしまいました。

 

仏に、ひとり言で

「何故戦争を止められないのですか」と言ったこともありました。

もちろん一方通行で答えては下さいません。

 

最近、米国は2月にこの戦争は必ず起こると見きわめていたと言います。

 

核による悲惨な姿に「長崎・広島」を見て下さい。

長崎の原爆記念館をとても最後まで見ることはできません。

 

地獄絵図、これこそ諸行無常」です

 

今からでも遅くはないので、今の時代いろんな方法があると思います。

核はこのような悲惨な結末を生じることをことを世界に届けることができるのは被災国日本だけです。

 

戦争を知らない人、核の恐さを知らない人が多い今の時代。

大切な自国を守る、軍事力を高めることも分からなくもありません。

 

正直、私の心も動きます。

ウクライナを見た結果「一層戦争の恐さ」自国防衛論が出て不思議ではありません。

 

一瞬で全てを失い

人間に生まれることがどれほど奇蹟に近いことか、もっともっと命を大切にしてきれいごとと言われますが武器があるから使うのです。

 

私も戦争を知りません、しかし戦後の暮らしは良く知っております。

戦後、まだ幼い私と妹を育てる両親の苦労を知っております。

 

仏壇で両親に毎日感謝を唱えます、空海さんの言葉かと思います

「父母の恩」

「我を生じ、我を育するは父母の恩、天よりも高く地よりも厚い父母の恩」

 

軍事力を高める分からなくもありません。

 

過去の例からも言えることは「銃・を持つと使いたくなるのが人間です。

太古から相手以上強い武器を持つものが相手を征します。

 

しかし例外も

桶狭間の合戦にて、織田信長が4,000人ばかりの兵で、2万5千人もの今川義元討つ。

 

四季折々の素晴らしい日本と言う国をもっと違う形で守ることもある筈。

 

世界中の人は今一度、自国の素晴らしさを知り、後世に伝える義務があります。

 

今こそ「知恵」&「智慧」が必要かと思います。

 

戦争と言う名の下で、人を殺めても自分の心には一生そのことが重くのしかかります。

 

それが本当の人の心と言うものです。

 

自分の大切な「親、子供、兄弟、家、街」すべて無くなるのです。

 

諸行無常です。

 

「神・仏」に一方的に話しかけますが、人間はなんと愚かなんでしょうかと。

しかしお答えくださいません、最後には自身で答えを見いだします。

 

だから片道通行なのです。

 

今こそ自分を大切に、今日一日を大切に生き切って下さい。

 

他の人より「金、プラチナ、ダイヤモンド」にチョット長く携わっている普通の人間です。

 

ジュエリーニシオカ  

    にしおかまさる

 

世界中の子供が皆健康で幸せでありますように。

 

最新のランデイングページが出来ました(こちらから)

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

#龍ケ崎市金プラチナ買取,#茨城県金プラチナ買取,