「ごめんなさい」という謝り方塩沼大阿闍梨さんは?

Last Updated on 2021年1月12日

第236

いつもお読みいただきましてありがとうございす。

弊店のブログで良く読まれているカテゴリー別に分けてみましたところ意外と面白い結果が出ました。

ブログタイトル名は大切であることも改めて実感いたしました。

 

ホームぺージの固定一覧は省いて書きます。

 

神社仏閣等誰が読んでくれるのかなと思って書いておりましたところ、神社仏閣は人気がありそれに塩沼阿闍梨さん千日回峰行が神社仏閣を抜いてトップになる勢いです。

神社ではやはり女化神社、箱根九頭龍神社と続きます。

 

寺院では幅広く愛されております、中でも「金峯山寺、勝常寺、中尊寺」が良く読まれております。

[心]はとても多く幅広く読まれ 「陰徳・陽徳、言霊、業」が読まれており、同じ「心」でも「正直に生きる」「正直に買取します」が読まれておりました。

 

「因果応報」「業」「隠徳・陽徳」「言霊」と言ったものは全て自分が招いたことから始まりますの興味があるのではないでしょうか。

 

書き始めたばかりの塩沼亮潤(大阿闍梨)さんの千日回峰行がここ最近では特に多くの方に読まれており、例えば日常の会話などでもよく孫娘に言われることは、おじいさんが謝っても薄いよねと言われハッとすることがありました。

本当に心を込めて謝っているのと言いたいのでしょう?しかし孫娘は謝り方が軽いと言いたいのでしょう。

孫ですからツイ「ごめんね」と言ってしいまいます。

 

塩沼さんは言葉で「ごめんなさい」ということも大切ですが、それ以上に「ごめんなさい」という気持ちが相手の心おくまでお伝えさせていただくと言う気持ちがなければこの「ごめんなさい」という気持ちは伝わることはとはありませんと云われております。

 

心は見えないと言っても決してごまかされるものではなく、本当に心から発した気持ちのこもった言葉なのか、そうでないのかということはその人の指先や髪の毛からもその雰囲気が感じ取れるそうです。

それは大人だけではなく子供の眼ですらごまかすことはできないと言っております。

「ごめんなさい」という場合には、自分をどの位置において謝るのか「本当にごめんなさい」と相手より自分を低いとこからおいて謝るのか、相手より上から謝るのか、その姿勢はそのまま相手に伝わると言っておられ、この部分は孫娘が言ったここと当てはまります。

 

謝らなければならない相手が自分の嫌いな人で、尊敬できない人であっても自分のつまらない我を捨てて心から反省して謝りなさいと。

心の底から反省して誤ったなら、相手の方ももうそれ以上責めることはないと。

 

長い人生のなか、たとえ失敗してしまったとしても、生きている限りはやり直しもきけば、よく反省することも出来ますともい晴れております。

 

以前知り合いのご住職さんに、人生というものは素晴らしいもの、人間として生まれてきたからそれを実感できるのですと言われたことお思い出します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュエリーニシオカ

 

にしおかまさる

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

 

#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行, #茨城県ブランド時計オークション代行, #茨城県宝石売却代行, #龍ケ崎市金プラチナ買取,

 

前の記事

今はみんなで頑張ろう!

次の記事

自分の街を褒めてみよう