徳を積む、人として一番大切なものそれは徳です。

Last Updated on 2021年5月28日

第385回

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

 

徳はどうしたら積めますかと聞かれたら

 

正直に暮らしなさいと言います。

 

徳とは意識して積むものではなく正しい行いを繰り返す、人のために尽くす(利他の心を持つ、決して見返りは求めない、他者の幸せを願う)

自然と言葉、行い(行動)から積むことができ、お布施もその一つであり

 

「徳は本(もと)なり、財は末なり」(こちら)

徳が(高い人間性)根本であり、財(お金)は枝葉末節(しようまっせつ)であります。

幹が主要なもののたとえであるのに対して、主要でな い些末な部分のたとえ。
人の幸せや社会の発展のために貢献することが根本でお金や地位は後からついてくると言うたとえ。

 

 

「三田」(三福田)とも言い、

供養することによって福徳が得られる三つのもの。「敬田(きょうでん)・恩田悲田」、また三宝(仏、法、僧)」を言う。

 

三田に施しをした功徳は布施をした人のものであり(こちら)布施はその心こそが大事で気持ちさえあればたとえ与える物が何ひとつなくてもその功徳を求めることができるとあります。

 

反対に

財産を惜しみ人に施さず、気の向くままに、ふしだらな生活、布施をしてもすぐに見返りを求めるので迷いの世界に入る、六波羅蜜行もしたことない。

 

陰徳は末代までの徳

陽徳は自分一代の徳

 

「正直に勝る徳はなし」

智慧の言葉で、自分の言動に裏表のない正直さが  世間の信用を勝ち取る最高の徳という智慧の教えです。

 

徳を積むに当たりは最初は徳を積むという意識をしてもかまいません(但し決して見返りを求めないこと)、そのうちに五感と意識が働いて下さり自然体で徳は積むことができます。

 

徳を積むに当たり気をつけなければならないことは、これをしたから何か与えられるかな等とは決して思ったらいけません。

自分が見返りを求めていなくても心の片隅で求めていることがあり、自分の心と向き合うことです。

 

徳は仏さま神さまからもいただくことができます。

次回に書かせて頂きます。

 

生きとして生けるもの全てが幸せでありますように!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

最新のランデイングページが出来ました(こちらから)

 

お客さまに愛され続ける…ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

 

#龍ケ崎市金プラチナ買取,#茨城県金プラチナ買取,#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行,