お彼岸

Last Updated on 2020年10月3日

第256

いつもお読みいただきまして心から感謝申し上げます。

ひと月ほど前にお盆を迎え、ご先祖さまとの楽しい日々を過ごし、すぐにお彼岸がやってきます。

お彼岸は秋分の日を中日に前後3日間で7日間をお彼岸と言い、お盆とお彼岸の違いを意外と知らない方が多くおられ、私のブログでは簡単に違いを投稿してみます。こういう私も違いを知ったのは10年程前かと思います。

お盆は、ご先祖さまが郷帰りをする日であり、私たちも郷帰りをしてご先祖さまのあり日を思い出し楽しいひと時を過ごします。

13日は家族でご先祖さまを玄関で迎え火を焚き、16日には又送り火を焚きご先祖さまをお送りいたします。

「迎え火は嬉しく、送り火はやはり寂しさがわいてきます」

 

ご先祖さまを大切に思う心が親から子に、子から孫に、さらに末代まで伝えられ家運は繁栄いたします。

 

お彼岸とは秋分の日を中日として前後3日間をお彼岸としており、春分の日と秋分の日はともに「太陽が真東から上がり、真西に沈む」極楽浄土は真西にあると言われており、あの世とこの世が一番近くなる日と聞いたことがあります。

お盆も、お彼岸もご先祖供養致しましょうと言うことであり、お彼岸の日にはおはぎが良くご仏壇やスーパーで目にいたしませんか。

春の彼岸では、ぼたもち秋の彼岸ではおはぎと言います。同じ食材でありながら違う理由は「春の牡丹の花、秋の萩の花」これも色々な説があり、春の小豆は硬くなり、つぶしこすことで食べやすく、秋の小豆は柔らかくそのままで食せると言います。

 

春のお彼岸ではぼたもち、秋のお彼岸ではおはぎと呼ぶようになったと言います。

 

実は浄土真宗ではお盆は行いません。浄土真宗の教えでは亡くなられてすぐに阿弥陀如来さまの極楽浄土いかれるので他の宗派のように、亡くなられてあの世で修行する必要が無いと言う教えであり、大げさに仏教上ではお盆は行わないと言う教えです。

仏具店で、浄土真宗での教えはいつもご先祖さまは阿弥陀如来さまのおそば極楽浄土におられるので、いつでもご仏壇におられるのでお盆はなく、仏教では「盂蘭盆会」をお盆として法話をなされるようです。

神棚も置いてはいけないと言います。

 

我が家も浄土真宗で神棚を祀り、お盆も行い、ご仏壇には宗派の異なる仏さまがご朱帳にたくさんおられますがあまり気にしないようにしております。

仏さまのお供え物は、おさがりとしていただくことでご利益があると言われ、これは仏さまだけでなく神さまからも同じことで神饌と呼ばれ有りがたい神さまからのおさがりものであり、我が家ではご神仏さまからのおさがりものは全員でいただいております。

 

話はそれましたが、お供え物はありがたくおさがりをいただくようにしましょう。

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行, #茨城県ブランド時計オークション代行, #茨城県宝石売却代行, #龍ケ崎市金プラチナ買取,

 

 

前の記事

神道と仏道