千日回峰行大阿闍さんから学んだことー6

Last Updated on 2020年11月25日

第300回

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

ブログも300回に到達し、ここまで書くことができるとは思いもせず、少しずつこのブログを読んでいただける方が増えたことでここまで書くことができ心から感謝申し上げます。

最初は仕事のことを書こうと思い、途中から好きな神社仏閣を書くようになりその後心の事を書いてみました。

中村天風さん、千日回峰行大阿闍梨さんをTVで見て塩沼亮潤さん、お二人の本に巡り合い私が求めていた本当の心を知りたい、魂の浄化を行いたいの一心で読みました。

勉強させていただいたことはノートに写し、ブログに書くことでノートにしまい込むのではなく書いた以上は実行その思いが積もり積もって、旧ホームページは別として300回やはり、嬉しく思います。

ブログとしての出来、不出来は別として300回続けさせていただいたことに感謝で一杯です。

これからも、誠心誠意をもって書いていきたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

大阿闍梨さんから学んだ心の修行から、皆さんも耳にしたことがあると思う「四苦八苦」書いてみます。

 

人生には、必ず陰と陽の局面があり、私たちはいいこと悪いことの波の狭間で生きていると書いております。

仏教の用語で「四苦八苦

四苦【生・老・病・死】人として生まれすぐに老に向い、病に冒され、死を迎える誰もが決して逃れることができない定めであり、人間であるがためのに味わう苦しみを言い、さらに「四苦」があります。

『「求不得苦」ぐふとくく』欲しいものが手に入らない

『「愛別離苦」あいべつりく』愛する人との別れ

『「怨憎会苦」おんぞうえく』嫌な人と出会う

『「五蘊盛苦」ごうんじょうく』この世はままならないこと

合わせて「四苦八苦」前半の四苦は避けられず、後半の四苦は自分の心をコントロールすることで解決できるそうで、これは詳しく知りませんでした。

思いどりに行かない時にイライラしたり、気が滅入ったりした瞬間にコントロールをして「心の針をマイナスからプラス」の方に戻すことで、人間の四苦八苦のうち半分をなきものに出来るのですからやらない手はありませんと申しております。

今日も人生と心を教えていただいた阿闍梨さんに感謝致します。

もっともっと乱読して学びます。

読んだ後にはノートに書きとり、ブログで書き本当の自分の心を知り、魂の浄化を行って行きたいと念じております。

私自身の299回の、苦しみ、怖れ「四苦八苦」とは違うもので、もっと単純なものが福雑に絡み抜け出せなかったのです。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行, #茨城県ブランド時計オークション代行, #茨城県宝石売却代行, #龍ケ崎市金プラチナ買取,