業(カルマ)&感謝

Last Updated on 2021年2月20日

第251回

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

今日も心のシリーズを書いていこうと思います。

 

感謝すると言うことはとても大切なことであります。

 

稲盛和夫さんの「心」という本に

いついかなるときでも、全ての事に感謝の心で対応するそのことには、実にとても大切な意味が秘められていますと書かれております。

 

何らかの災難に見舞われたとき、それまで自分を苦しめていた「業」が消えるか、あるいはさらなる災難を呼び込むか。

それは、そのときの心一つにあるとおっしゃっております。

 

よくあの人は「業が深い」とは「前世で多くの罪深いことをして、その悪行の報いを現世で背負っている」ということで、「思念でも業は生まれ」心で思ったことが「原因」となり、それが現実となり「結果」を作り「原因と結果」仏教では「思念が業をつくる」といいます。

 

もっと早く気づいていたらと何度も思いました。

2月10日20時頃神棚に向い今日一日の感謝と祈りが終わり顔を神棚に向けると、今迄味わったことのないとても心が穏やかになりしばらくそのままで、このような豊かな心になり、嬉しく思ったことはありません、ありがとうございますと言う言葉を実感いたしました。

 

何とも言えない心の喜びで、森羅万象に感謝を、全てに感謝、「ありがとう」は「あるのが難しい」と言うことで仏教では「ありがたし」と呼んで、病気にも感謝というと何で感謝なのと思います、この位で良かったから生きているられると感謝しますと(一つ業が消え)人生は変わると言います。

 

お風呂に入っても感謝、お湯、水が蛇口から出ます、石鹸に感謝、タオルに感謝、全てのものに感謝し、いつも目の前にある出来事に感謝して生きて行きますとこの感謝が当たり前に口から出てきます。

 

神棚はミニ神社でありいつも私たちのことを守って下さいます。

朝夕神棚に向い二礼二拍手で大神様とお話ができるのですから、どんなことでも話しかけ今日一日の反省と生かされている事に感謝を忘れずにいれば神様のお使い(眷属)が聞いて大神様にご報告なさいます。

ご神仏さまには3対7で、感謝が3、祈りが7と聞いたことがあります。

自分だけの祈りでなく、自他ともに幸せを念じますと必ず良い結果が生まれます。

 

嘘など、ご神仏さまに言ってもすぐにばれてしまいます。

日々の行いも、ご神仏さまのお陰で気をつけるようになり結果、善い行いを重ねることで「業」も一つ一つ消滅していきますのでどんな小さいことでも善行を重ねていくことが大切なことです。

 

「一人を慎む」を実践するようになりますともっと心が美しくなり

 

美しい心に「ご神仏は宿る」と言います、どんな人でも心を磨くことはでき、心を磨くには「発言・態度・行動」が必要になり、いつもこのことを思っておりますといつしか自分の心の中に芽生えてきます。

 

真我「本当の自分」と言い、真我に至ればすべてが分かるとお釈迦さまは説いております。

 

このブログを読んでいただいた全ての方に幸せが得られますように。

 

最後までお読みいただいて心より感謝申し上げます。

 

ジュエリーニシオカ

にしおかまさる

 

ジュエリーニシオカの買取、オークション売却代行は、業者専用オークションで売却代行して、必ず高くお売りすることを約束いたします。(もう一つのランデイングページはこちら)

自宅前でのドライブスルー方式も取り入れており、お客さまのご来店を心からお待ち申しております。

金・プラチナ買取の(ランデイングページ)はこちら

 

#茨城県ダイヤモンド買取, #茨城県ダイヤモンドオークション代行, #茨城県ブランド時計オークション代行, #茨城県宝石売却代行, #龍ケ崎市金プラチナ買取,

前の記事

命の大切さ

次の記事

物への執着