第200回

こんにちはジュエリーニシオカのにしおかまさるです。

 

日本時間2020.3.10.

NYダウが−2013.76過去最大の下げ、原油も湾岸戦争以降最大の下げ。

 

アメリカにコロナウィルス陽性が次々発生し、世界各地に広がり

世界恐慌をもたらしたと言っても良いくらいです。

 

この日2020.3.10.、日本東証では

一時800円の値下げがあり、その後円安ドル高で買い戻され終値は前日比168円高。

 

この日の一日で上下幅約1000円です。

朝買いを入れ午後に転売、大きく利幅があります。

 

でもこの状態で、朝買い注文は中々入れることはできません。

 

『人の行く裏に道あり花の山』

株式投資の格言であります

 

この言葉は株式だけでなく、自身の将来のことにも言えることであり

 

とてつもない勇気と決断が必要になります

 

だから株式投資、商品先物投資で使われる言葉なのでしょう。

 

 

金、プラチナは今の経済状況、ドル相場、等を考えますと

本来は金は値上がりが予想され、プラチナは株式相場と同様に値下げが予想され

しかしいくら金が値上がり予想と言っても分かりません。

 

先程の『人の行く裏に道あり花の山』かもしれません?

 

この意味は簡単に申しますと

 

多くの方が売りだと言っているときは、買いだということ

人の反対を行くから大きく儲かるという事です。

 

買い相場は値上げが少なく、日にちもかかり、

反対に、下げ相場は一旦崩れると大きく値下げいたします。

 

)2019.10.02プラチナ¥3278  2020.2.20.プラチナ¥3880

 約5か月かけて¥600円上げ 2020.3.10¥3172

 わずか20日でマイナス¥700です。

 

仕手筋はこれを上手に、かつ巧妙に、人知れず、

市場に知れ渡った時には、自分の買っていたものを処分し、

逆に、大きく売りをかけて相場が下がったところで何食わぬ顔で利食います。

 

相場は生き物、日々呼吸をしております。

 

しかし今回のコロナウイルスに関しては、プロも全く読めなかったと思います

何故ならば、これは天災であるがため人為的行為はできず

2020.3.11からはどのようになるかはコロナウイルス次第ではないでしょうか。

 

さいごまでおよみいただきましてありがとうございました。

にしおかまさる